【馬場徹】一重、二重まぶた?コードブルー、ルーズヴェルトゲームに出演したイケメンがドラマ陸王で『銀行員』!?

スポンサーリンク

引用元:http://naniwanko.wp-x.jp/2015/06/25/

ドラマ『ルーズヴェルトゲーム』『コードブルー』に出演したイケメン俳優の馬場徹さん。今回はドラマ『陸王』で銀行員を演じている?また馬場徹さんのまぶたは一重まぶた、 二重まぶたどっち?など疑問が上がっています。今回はそんな疑問を調べてまとめてみました。

スポンサーリンク

馬場徹は一重、二重まぶた?兄はプロサッカー選手!

引用元:https://twitter.com/baba_toru_/status/856760855169347584

今やドラマに引っ張りだこの馬場徹!まずは馬場徹のプロフィールについてまとめました。

  • 名前:馬場徹(ばばとおる)
  • 生年月日:1988年6月17日(※2017年現在29歳)
  • 出生地:東京都
  • 身長:182 cm
  • 血液型:A型
  • 職業:俳優
  • ジャンル:舞台・テレビドラマ・映画

馬場徹さんは1988年6月17日生まれで現在29歳の俳優です。

  • 愛称は『ばーちょん』

らしくとっても可愛らしい愛称で呼ばれています。また馬場徹は

  • サッカー

を幼少期からしており、小学生の頃にはクラブチームでサッカーを続けていました。しかし、大怪我をしてしまいサッカーを続けるために手術を受けるか受けないかというときに手術を拒否しました。これをきっかけにサッカー選手を目指すのをやめたという過去を持ちます。

馬場徹さんはここから

  • サッカー選手から、俳優への道へ

と進んでいきました。

ちなみにもう少し調べてみると、驚きの事実が分かりました。

引用元:https://atmatome.jp/u/rameka/48pe729/

  • 馬場徹の兄はプロサッカー選手・馬場憂太(大田シチズン)

とお兄さんはプロサッカー選手だったということが判明しました。馬場徹さんの幼少期の夢はお兄さんがちゃんと叶えていました!これには驚きです。

また、馬場徹が俳優としてデビューしたのは、

  • 2006年からのミュージカル「テニスの王子様」

で、立海大附属の柳生比呂士役を演じていました。見た目に関しては原作の『柳生比呂士』に限りなく似せており流石だと思いました。

ですが馬場徹さんの性格は『柳生比呂士』の性格とは似てなく

  • 明るくて気さくな性格

だったので舞台裏で見せる本人の性格とは役柄と大きくギャップがあり、そこが魅力的だと感じたファンは多いみたいですね。

テニミュの劇中での馬場徹さんの「知ってますぅ」のセリフはもはや名言で、その発声のテンションは「ただの馬場」とからかわれるほどのセリフだそうです。

そんな馬場徹さんですが、ドラマや映画にも出演していますが

  • 現状活躍が著しいのは舞台

です。馬場徹さんは今は亡き有名劇作家・つかこうへいの作品に出たいと自ら門を叩くと、「飛龍伝2010 ラストプリンセス」のオーディションにて役を貰います。

しかし、稽古の直前になって「つかこうへい」は癌で入院、病院からを指示を出すようになってしまいまい『飛龍伝2010 ラストプリンセス』は「つかこうへい」生前最後の舞台でになってしまいました。そのため馬場徹さんは

  • 「つかこうへい最後の愛弟子」

とも言われています。

「つかこうへい」死後も『広島に原爆を落とす日(2010年)』『新・幕末純情伝(2011年)』『熱海殺人事件 40years’ NEW(2013年)』など、つかこうへいの残した作品に出演し続けています。

関連記事:【竹内涼真(仮面ライダー)】身長と腹筋がスゴイ!身長は高すぎてサバを読んでいる!?結婚したら「子供は○人欲しい!」??

スポンサーリンク

馬場徹は一重まぶた、二重まぶたどっちなのか?

引用元:http://www.meeher.net/wp/

馬場さんの過去の写真を調べてみました。1枚目はテニミュ時代の写真ですが、これだけ見ると

  • 一重まぶた

だと思います。

引用元:https://spice.eplus.jp/articles/76334

2枚目の画像を見ると

  • 完全なる二重まぶた

でした。ということは。

  • 一重まぶたの時と二重まぶたの時両方がある?

ただどちらかというと

  • 最近の画像の方が二重になっている

ということが判明しました。

これに関してはファンの方はすぐ気づいたようで、話題になっていたようです。ただ、奥二重からパッチリ二重にというのは歳を重ねるとよくある?ことなので

  • 整形とは断言できない

と言えます。ファンの方も、両目ともパッチリした二重は最近の写真、左目が奥二重、右目が一重または両目とも奥二重なのは4~5年前の写真とコメントしているのでテニミュ時代は一重だったのでしょう。ただ、馬場徹さんは元々左目の方が二重のラインがはっきりしているらしいです。

確かに目の印象が違いますが、ファンの方はかなりしっかりチェックしていますね。昔が好き、今が良いなどいろいろ好みがあるようですが、イケメンなことに変わりはないでしょう!舞台メインかもしれませんが、今後は連ドラにもたくさん出演してほしいなと思っています。馬場さんの今後の活躍を期待しています。

『コードブルー』、『ルーズヴェルトゲーム』に出演した馬場徹がドラマ『陸王』で銀行員!!

引用元:https://www.google.co.jp/amp/realsound.jp/movie/2017/09/post-108035.html/amp

先ほどは舞台で活躍している馬場徹さんを紹介しましたが、ドラマでも引っ張りだこです。ここ最近のドラマでは

  • 『コードブルー』
  • 『ルーズヴェルトゲーム』
  • 『陸王』

今放映中のドラマ「陸王」で馬場徹さんは銀行員・大橋浩を演じます。

原作での大橋は、銀行員の坂本に代わってこはぜ屋の融資担当を引き継ぐキャラクターです。

業績の良くないこはぜ屋にとことん積極的に付き合ってくれる坂本とは反対で、大橋は

  • 「利益を出す」
  • 「結果が全て」

という考え方の持ち主で、役柄を見るとすごく愛想がないような人物です。そのため最初は、零細企業のこはぜ屋を小馬鹿にしているような素振りを見せますが、こはぜ屋の

  • 頑張る従業員の姿
  • 商品の品質に対するこだわり

を実際にこはぜ屋に行き、目にすることとなります。こはぜ屋に行った大橋は

  • 結果がないと融資できない

と発言しますが。破棄していたシューズ『陸王』を目にします。「なぜここに捨てているのか」と従業員に聞く大橋は従業員から

  • 「品質不良で破棄している」

と聞きますが、その商品を見てもどこが不良か分からずで、従業員から「小さなキズが入っている」と説明を受け、「こんな小さなキズで破棄するのか」と驚きます。

  • ここで大橋はこはぜ屋の品質意識の高さ

を目の当たりにし、徐々にこはぜ屋を援助するようになります。最終的にはドラマ『陸王』の名前になっているドラマ中では陸王=シューズの名前なんですが、

  • 大橋は「『陸王』が完成したら私買います」

と言い、こはぜ屋に融資をしてくれます。私はこのシーンはとても感動しましたよ馬場徹さん!!

馬場徹さんは、大橋の性格に関して上のような性格に加えて「自分なりの正義も持ち合わせているある意味人間くさい人物」と大橋のキャラクターを説明しており、馬場徹さんは大橋の役を高い演技力で演じています。

まとめ

今回はドラマ『コードブルー』『ルーズヴェルトゲーム』また、ドラマ「陸王」に出演したイケメン俳優の馬場徹さんいついてまとめました。

家族関係に関しては

  • お兄さんはプロサッカー選手の馬場憂太(大田シチズン)

馬場徹さんは一重まぶた、二重まぶた?については

  • 馬場徹さんは最近は二重まぶた

という事が分かりました。

ドラマに関しては

  • 「陸王」に出演し、銀行員の大橋を演じている

ということで、ドラマでも舞台で積んだ経験を活かし、高い演技力を発揮している馬場徹さん!今後は舞台もドラマでもさらに進化した馬場徹さんに期待ですね。

スポンサーリンク

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする